So-net無料ブログ作成
検索選択
趣味とスポーツ ブログトップ

日体大 服部 よだれ [趣味とスポーツ]

日体大 服部 よだれ

日体大の服部選手のよだれが話題ですよね。

1月3日、第89回箱根駅伝の往路の箱根東京(5区間109・9キロ)
が行われました。

最終5区。日体大主将の服部は、高低差800mもの山道をものともせず、
向かい風にも負けず、自信を持った力強い走りを見せてくれました。

あまりの強風に見ているだけでも凍えそうですが、よだれも鼻水も吹き飛ばす
ような精神力で、ブレない走りが印象的でした。

トップとの差1分49秒の2位でたすきを受けた服部ですが、14㎞過ぎに1位
の東洋大をとらえ、17㎞手前で並走していた早大を突き放しまし、26年
ぶりの往路優勝を日体大にもたらしました。


服部選手は一昨年の末に病気で父親を亡くしていますが、翌日から練習に
復帰、1区で出場し2位で走行しており、精神力の強さには定評がありまし
た。4年生を差し置いて3年生で主将を務めることには戸惑いもあったと言い
ます。自らに一番速く走れなければならないと課したものの、プレッシャーに押
しつぶされ、昨年の関東学生対校選手権では、17位という不本意な結果に
なりました。空回りする日々。そんな時に心の救いになったのが同期の仲間たち
励まし。徐々に4年生も感化され、服部に付いて行くようになり、チームワーク
が形成できたといいます。

優勝という輝かしい栄光の裏に隠された数知れずの苦労。様々な困難を乗り
越えてこそ、喜びを味わえるということを改めて教えてくれてました。


箱根駅伝フリーク 2013 結果発表 [趣味とスポーツ]

箱根駅伝フリーク 2013 結果発表

箱根駅伝フリーク 2013 結果発表の話題です。

第89回東京箱根間往復大学駅伝競が行われ、
20チームが参加し、大手町から箱根町までの5区間108㎞のコース
で争いが繰り広げられました。
各出場校の大学名一覧は以下のとおり。

【出場校一覧】

▼シード
東洋大
駒大
明大
早大
青学大
城西大
順大
中大
山梨学院大
国学院大

▼予選会
日体大
帝京大
中央学院大
大東大
上武大
神奈川
日大
法大
東農大
関東学連選抜

今年も下馬評では、東洋大と駒大が2強とされていますした。
但し、昨年10月の出雲駅伝では青学大が初優勝を遂げています。
また、明大は28分台の選手が7人もいて東洋大の5人を超えています。
そして、早大は平均タイムが東洋大と同じタイム、28分53秒を叩きだし
ています。ということもあり、今年は5強での熾烈な争いとなることが
予想されていました。

【経過】
1区は東洋大の田口雅也が1時間3分32秒で区間賞を獲得しています。
実に30年振りの快挙です。2位明大、3位法大、4位駒大と続きます。

2区は日大でケニア出身のガンドゥ・ベンジャミンが1時間8分46秒で12人
抜きの快走でトップに立ちました。前に選手がたくさんいたが、諦めずに最
後まで頑張ったと語っていました。2位東洋大、3位日体大、
4位山梨学院大、5位駒大、6位明大、・・・早大は12位。

3区は1位東洋大の設楽悠が1時間4分36秒で51年振りの区間賞。
風の強さにびっくりしたと語っていました。
2位駒大、3位早大、4位日体大、5位山梨学院大。
早大・大迫傑が10人抜きを見せました。

4区は1位東洋大の淀川弦太が59分14秒で終始快調なペースで首位をキープ。
2位日体大、3位早大、4位明大、5位山梨学院大

5区は日体大 服部翔大がトップの東洋大から1分49秒差の2位でスタートし、
早大と争いながら14㎞過ぎに山登りで東洋大を早大とともに抜き去りトップ
になり、ついには16㎞過ぎに早大を振り切り、26年振りの優勝となった。
結果は以下のとおり。

【結果】
1.日体大 5.40.15
2.早大 5.42.50
3.東洋大 5.42.54
4.明大 5.44.37
5.法大 5.45.39
6.青学大 5.46.27
7.帝京大 5.46.27
8.順天堂大 5.46.29
9.駒大 5.47.12
10.関東学連抜粋 5.47.52
11.山梨学院大 5.48.09
12.大東文化大 5.48.46
13.中央学院大 5.50.05
14.国学院大 5.53.03
15.日大 5.54.31
16.上武大 5.58.02
17.東京農業大 5.59.24
18.神奈川大 6.00.08
19.中央大 途中棄権
20.城西大 途中棄権

伊藤爆羅騎 新弟子検査 [趣味とスポーツ]

伊藤爆羅騎 新弟子検査

伊藤爆羅騎が話題になってますよね。

26日に行われた日本相撲協会の新弟子検査で見事合格となりました。

◆伊藤爆羅騎(いとうばらき)
生年月日:1994年5月10日 18歳
出身地:埼玉所沢
戦歴:高校総体団体3位入賞

爆羅騎という名前は、本名らしいのですが、お父さんが大好きな「バラキ」という
マフィア映画から、強い人間になって欲しいという願いを込めて
付けられたということです。

体格検査の合格基準は、身長167㎝・体重67㎏以上ですが、
爆羅騎くんは、身長が160㎝なので本来であれば身長が足りませんでした。
足りなかった7㎝の身長は、4つの秘策で補いました。
①髪の厚み増す  3ヵ月かけて髪を伸ばし独自のセットで厚みを増やしました
マッサージ     親方より独自のマッサージを伝授
③睡眠       たくさん寝て体を緩ますテクニックのようです。
④背伸び      単なる背伸びです。

④は明らかに違反だと思います。特に相撲協会は八百長絡みの件が取沙汰
さたことが記憶に新しいです。これも八百長を助長する行為ではではないかという
声もあるようですが、ごもっともだと思います。
しかし、何故か微笑ましいものを感じました。きっとこれが許されるほど、
将来を期待されているのでしょう。ガッツもありそうです。

何事もプロというのは厳しい世界です。これから地獄のような稽古が始まります。
実力がなければ自然淘汰されるでしょう。

何事も厳格なルールどおりに行われる今の時代ですが、このような決め方があって
もいいではないかと思いました。


新型ムーブ 2012 12月 画像 [趣味とスポーツ]

新型ムーブ 2012 12月 画像

新型ムーブ 2012 12月20日に発売になり話題になってますよね。

CMもドラマチックな仕立てでしたよね。
役所広司さん、八嶋智人さん、渡部篤郎さん、鈴木京香さんら
豪華俳優陣が出演していました。カネかけてますね~。
「その進化は事件だ。」のフレーズが今回のフルモデルチェンジの仕上がりのほどを期待させます。

ムーヴにとって最大のライバル車は、なんと言ってもスズキワゴンRでしょう。

ワゴンRは今年9月にフルモデルチェンジを行ったばかりなんで、
ムーヴの発売を心待ちにしていた人は多いのではないでしょうか。

燃費については新型ムーブは新型ワゴンRを0.2km/Lほど上回わり、
29.0km/L(JC08モード)を実現しているいることが
ホームページ上でも明らかになっていました、なんていう記事もあったんで、
早くも新型ムーブが新型ワゴンRを抜いてクラスNo.1となった。
なんて思ってましたが、いかに!

ダイハツは更に来年、ミラとタントをフルモデルチェンジしますが、
このクラスの車って今けっこう熱いですよね。

ワゴンRのモデルチェンジも1年前倒しだったと言われていますし、
スズキはら来年トールワゴンのパレットをフルモデルチェンジします。

あと、来年は日産自動車と三菱自動車の合弁会社の軽自動車
デビューします。

ホンダは「NBOX」も好調だけど、15年までにさらに5車種の軽自動車
を投入するって話もあります。

殆どお祭り状態です。いつ買ったらいいか迷いますよね。


キムヨナ 激太り 画像 [趣味とスポーツ]

キムヨナ 激太り 画像

キムヨナの激太り画像が出ているということですが、

激太りしても2012年は立派な活躍をしていましたね。

激太りの決定的な画像は見つかりませんでした。

キムヨナ 激太り 画像

キムヨナは約2年間国際大会に出場しなかったということですが、

激太りと関係あるのでしょうか。

1年8か月ぶりとなる

2012年12月9日に行われた国際フィギュア大会では

転倒も見られましたが、

200点を超える今季高得点で優勝を果たしました。

キムヨナの国際大会での優勝は、バンクーバー五輪以来のことです。

2012年は激太りがささやかれていたので、

喜びもひとしおではないでしょうか。

コンビネーションジャンプや

最後のスピンでバランスを崩すミスを犯していますが、

自らの準備不足を認め、ステップに課題を残しました。

来年行われる世界選手権は、

2014年ソチオリンピックの出場枠数が決まる大会ですので、

2012年の今大会は、

激太りからの復帰という意味でも大きな一歩に繋がりました。

大会後、キムヨナは「さらに努力しなければ」と語っていました。

そこには激太りを克服した美しいアスリートとしての姿がありました。

この2年間は、内面的にもおおきな成長を遂げたようです。

同じアジア人として、今後もキムヨナを応援したいと思います。

相内誠 無免許 [趣味とスポーツ]

相内誠 無免許

相内誠投手が無免許で摘発されていた。

さすがに無免許はまずいですよ。

アクアラインを29キロの速度オーバーで走行中に停止を求められ、

無免許が発覚したということだ。

相内誠投手は仮免許は取得しているが、無免許には違いない。

運転できるからと言って、無免許で運転してはいけないのだ。

無免許で公道を運転してはいけないということを、

知らなかったとでもいうのだろうか。

いや、無免許で運転してはいけないことぐらい、仮免許を取得している

ぐらいだから知らないはずはない。

無免許で運転してはいけないこと知っていたにもかかわらず、

また、相内誠投手は10月に西武からドラフト2位で指名されたばかり

だというのに、なんという軽率な行動だろう。

まだ高校生とはいえ、認識が甘すぎる。

ドラフト前にツイッターで

「早くランボルギーニ乗りてー」

とツイートしていたというが、もう無理だ。



ツイッターはドラフト翌日に既に閉鎖してしまっていたが、

彼女の話題とか、整えられた細い眉毛でサングラスをかけた写真

掲載されたりとチャラ男ぶりが目立っていたという。

児童養護施設出身ということで、期待していた人も多いはずだ。


球団のスカウトマンも、ツイッターにまでは目がいかないようだ。

これでは真面目にやっている高校球児のが気の毒だ。

野球がうまけりゃ、いいってもんじゃない。

じっくり反省してもらいたい。

内村航平 彼女 2012 [趣味とスポーツ]

内村航平 彼女 2012

ロンドン五輪体操男子個人総合で金メダルを獲得した、

内村航平選手が、今月11日に婚姻届を提出していたことが昨日分かったという

報道があった。

お相手の女性は23歳の一般人で、

結婚はロンドンオリンピック前から考えていたという。

以前に女性セブンが報じていた 岡部紗季子さんなのか?

内村航平選手といえば、学生時代から体操一色とのイメージが強く、

マスコミにもそう報じられていたものの、彼に恋人がいたことは、

一部スポーツ関係者の間で知られた話だった。そして、

その彼女の存在を心の支えに練習に打ち込んでいたと言われているが、

ロンドン五輪前を前にして別れてしまった聞いたという関係者もいた。

ロンドン五輪が近づくにつれて、内村航平選手が体操のみに集中していったため、

会う時間が少なくなったためと、もっともらしい理由も考えられる。

それを暗示するかのように、ロンドン五輪本番では、

団体予選「鉄棒」「あん馬」での落下という、手痛いミスがあり、

恋人という心の支えを失ったことが関係あるのではないかと、一部の関係者から

ささやかれていた。

だが、本当に別れていたのであれば、ロンドン五輪から3か月弱で結婚という

のは不自然過ぎるので、おそらく交際は続いていたのではないだろうか。

ロンドン五輪が近づくにつれ、メディアが内村航平選手に集中するようになり、

自分自身がベストな状態を作れるように、また彼女に迷惑がかからないための

配慮だったのかもしれないが、別れたというのはきっと周囲へにカモフラージュ

だったと考えられる。

2012年は、内村航平選手にとって生涯忘れることのできない最高の年であった

であろう。内村航平選手、本当におめでとうございます!


神戸マラソン2012 芸能人 [趣味とスポーツ]

神戸マラソン2012 芸能人

今日、神戸市にて「第2回神戸マラソン」が開かれた。

コースは阪神大震災の被害が甚大であった長田区市内を経て、

ポートアイランドでゴール。市内約15カ所で交通規制が入った。

全国から倍率4.2倍の抽選を勝ち抜いた約2万人のランナーが参加、

阪神大震災から復興した神戸は活気にあふれていた。

今回の大会のテーマは「感謝と友情」ということだ。

スタートは午前9時。スタートセレモニーには、

シドニー五輪マラソン金メダリストの高橋尚子さん、

北京五輪リレー銅メダリストの朝原宣治さんが参加。会場を沸かせていた。

今回は芸能人は参加してないのかな?

優勝は、男子フルマラソンは高橋謙介選手 (トヨタ自動車)が

2時間21分13秒の大会新記録で初優勝。



女子は大内唯衣選手(ノーリツ)が

2時間39分52秒の大会新記録でこちらも初優勝。

高橋尚子さんから祝福の握手を受けた。



今、マラソンやジョギングって大変なブームになってますよね!

私はその手のことは疎いんで全く興味なかったんですが、

以前から会社の先輩や同僚にマラソン大会の参加をしつこれく誘われていました。

面倒なんでテキトーな理由つけて断り続けていましたんですが、

先日、所要にて九段下で下車して皇居のまわりを歩いてたら、

あまりのランナーの多さに圧倒されました(゜o゜)

面白いことに、みんな反時計回りで走ってるんですよね。

そういうしきたりがあるんでしょうか。

すっかりランナーの邪魔になってしまいましたが、

みなさんいきいきとしていたのが印象的でした。

ちょっとだけやってみようかなという気になりました。

西岡剛 離婚 [趣味とスポーツ]

西岡剛 離婚

昨日、阪神タイガースと2年総額4億円プラス出来高払いで正式契約を結んだ

西岡剛内野手(28)が、今日、大阪市内のホテルで入団会見を行った。

和田監督からは持ち前のキャラクターを前面に出してもらいたいと

言われているようだが、当の西岡剛はもう、「まじめにいきます。」

とチャラ男は返上、阪神タイガースの伝統を受け継ぐと断言した。

背番後は7番、ポジションはセカンドだろうか。

争奪戦に敗れたオリックスからは「二枚舌」とあきれられているということだ。

当初、西岡剛は、メジャーに行って失敗した人間なんで、年棒は1億円でいいです

と語っていたのが、年棒の高い阪神を選んだことに起因しているらいしい。

そういえば、西岡剛は徳澤直子との離婚協議中とのことだったが、

その後どうなったのだろう?

どうやら特に進展はないようだが、以前に慰謝料として徳澤直子が西岡剛に

6億円もの慰謝料を請求してるという噂があったが、きっとそれでカネがたくさん

必要なのは想像できる。結局はそれで阪神を選んだということなのか。

チャラ男の考えることはわからない。

徳澤直子の離婚問題の原因となった元グラビアアイドル松井沙也香との

噂については自身のブログで完全否定していた。

http://ameblo.jp/speedstar-tsuyoshi7/entry-10816940591.html

徳澤直子は今どうしているのだろうか。

美人百花」の2012年7月号でモデル復帰していた。

僅か1年半の短い結婚生活だったようだが、今後も活躍に期待したい。


趣味とスポーツ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。