So-net無料ブログ作成

蛯原英里 夫 [エンターテイメント]

蛯原英里 夫

蛯原英里さんの夫が話題になってますよね。
紛らわしいですが、蛯原英里さんは、モデルで女優の蛯原友里さん(エビちゃん)
の双子の妹さんです。

英里さんとその夫である亮さんは、かつてエビちゃんと3人で暮らしていたことがあり、
亮さんはエビちゃんとは2人で出かけることもある程仲がいいらいいです。亮さんとし
ては、自分の大好きな嫁さんとウリ二つの顔を持つ女性ともデートできることで、
喜びが2倍になったと感じており、周囲に自分は幸せ者だと漏らしてるのだとか。
ただ、エビちゃん曰く亮さんはあまり「カッコよくない人」らしいですが、たぶんそんなこ
とはないのでしょう。きっと面白い人なんだろうなと感じさせますね。

ところで英里さんはあまりメディアには出ることなかったですが、以前は病院の新生
児集中治療室に6年程勤務していたのですが、エビちゃんが有名になってやりずら
くなったのか、一旦はアパレル業界に転職しています。その後、ベビーマッサージの
本と出会い魅了されたということで、アパレル業の会社は退社し、ベビーマッサージ
について本格的に学び始めたといことです。

そんな英里さんですが、1月8日(火)22:00から、くりぃむしちゅーとマツコ・デラックス
の『スター☆ドラフト会議』にエビちゃんと双子でテレビ初出演するとエビちゃんの公式
ブログで発表していました。英里さんは緊張気味でテンションがおかしくなっているの
だとか・・・。可愛らしいですね☆今からとても楽しみにしています♪




日体大 服部 よだれ [趣味とスポーツ]

日体大 服部 よだれ

日体大の服部選手のよだれが話題ですよね。

1月3日、第89回箱根駅伝の往路の箱根~東京(5区間109・9キロ)
が行われました。

最終5区。日体大主将の服部は、高低差800mもの山道をものともせず、
向かい風にも負けず、自信を持った力強い走りを見せてくれました。

あまりの強風に見ているだけでも凍えそうですが、よだれも鼻水も吹き飛ばす
ような精神力で、ブレない走りが印象的でした。

トップとの差1分49秒の2位でたすきを受けた服部ですが、14㎞過ぎに1位
の東洋大をとらえ、17㎞手前で並走していた早大を突き放しまし、26年
ぶりの往路優勝を日体大にもたらしました。


服部選手は一昨年の末に病気で父親を亡くしていますが、翌日から練習に
復帰、1区で出場し2位で走行しており、精神力の強さには定評がありまし
た。4年生を差し置いて3年生で主将を務めることには戸惑いもあったと言い
ます。自らに一番速く走れなければならないと課したものの、プレッシャーに押
しつぶされ、昨年の関東学生対校選手権では、17位という不本意な結果に
なりました。空回りする日々。そんな時に心の救いになったのが同期の仲間たち
の励まし。徐々に4年生も感化され、服部に付いて行くようになり、チームワーク
が形成できたといいます。

優勝という輝かしい栄光の裏に隠された数知れずの苦労。様々な困難を乗り
越えてこそ、喜びを味わえるということを改めて教えてくれてました。


箱根駅伝フリーク 2013 結果発表 [趣味とスポーツ]

箱根駅伝フリーク 2013 結果発表

箱根駅伝フリーク 2013 結果発表の話題です。

第89回東京箱根間往復大学駅伝競が行われ、
20チームが参加し、大手町から箱根町までの5区間108㎞のコース
で争いが繰り広げられました。
各出場校の大学名一覧は以下のとおり。

【出場校一覧】

▼シード
東洋大
駒大
明大
早大
青学大
城西大
順大
中大
山梨学院大
国学院大

▼予選会
日体大
帝京大
中央学院大
大東大
上武大
神奈川大
日大
法大
東農大
関東学連選抜

今年も下馬評では、東洋大と駒大が2強とされていますした。
但し、昨年10月の出雲駅伝では青学大が初優勝を遂げています。
また、明大は28分台の選手が7人もいて東洋大の5人を超えています。
そして、早大は平均タイムが東洋大と同じタイム、28分53秒を叩きだし
ています。ということもあり、今年は5強での熾烈な争いとなることが
予想されていました。

【経過】
1区は東洋大の田口雅也が1時間3分32秒で区間賞を獲得しています。
実に30年振りの快挙です。2位明大、3位法大、4位駒大と続きます。

2区は日大でケニア出身のガンドゥ・ベンジャミンが1時間8分46秒で12人
抜きの快走でトップに立ちました。前に選手がたくさんいたが、諦めずに最
後まで頑張ったと語っていました。2位東洋大、3位日体大、
4位山梨学院大、5位駒大、6位明大、・・・早大は12位。

3区は1位東洋大の設楽悠が1時間4分36秒で51年振りの区間賞。
風の強さにびっくりしたと語っていました。
2位駒大、3位早大、4位日体大、5位山梨学院大。
早大・大迫傑が10人抜きを見せました。

4区は1位東洋大の淀川弦太が59分14秒で終始快調なペースで首位をキープ。
2位日体大、3位早大、4位明大、5位山梨学院大

5区は日体大 服部翔大がトップの東洋大から1分49秒差の2位でスタートし、
早大と争いながら14㎞過ぎに山登りで東洋大を早大とともに抜き去りトップ
になり、ついには16㎞過ぎに早大を振り切り、26年振りの優勝となった。
結果は以下のとおり。

【結果】
1.日体大 5.40.15
2.早大 5.42.50
3.東洋大 5.42.54
4.明大 5.44.37
5.法大 5.45.39
6.青学大 5.46.27
7.帝京大 5.46.27
8.順天堂大 5.46.29
9.駒大 5.47.12
10.関東学連抜粋 5.47.52
11.山梨学院大 5.48.09
12.大東文化大 5.48.46
13.中央学院大 5.50.05
14.国学院大 5.53.03
15.日大 5.54.31
16.上武大 5.58.02
17.東京農業大 5.59.24
18.神奈川大 6.00.08
19.中央大 途中棄権
20.城西大 途中棄権

松浦亜弥 橘慶太 女性自身 [エンターテイメント]

松浦亜弥 橘慶太 女性自身

松浦亜弥が橘慶太との結婚が話題になってますよね。

12月31日、あややとw-inds.の橘慶太が結婚することが明らか
になりました。2人は10年程前から交際を始めていて、近頃、都内
一等地の大型高層マンションで本格的に同居を開始したようです。
お互いの親にも挨拶は済ませていて、年内にも正式な結婚の運び
となるようです。

あややは、2011年に病気のため、それまでの活動を大幅に縮小
していて、ファンの間では心配されていました。子宮内膜症という
病気で、本来子宮の中にあるはずの子宮内膜が何等かの原因で
お腹の中全体にばらまかれ、月経時のホルモン変動に伴ってあちこ
ちに出血する病気です。

2人はほぼ同時期にデビューし、2005年には二人の交際が写真
週刊誌に報じられ、一時期は破局と噂されていましたが、密かに交
際は続いていたんですね。橘慶太が病気のあややの心の支えになり
ながら粛々を愛を育んできたのでしょう。

橘慶太は現在活動領域をアジア全域に広げており、二人の結婚の
話もアジア全体での大きな話題になるかもしれません。

あややも、最近は痩せ衰えた痛々しい姿を写真誌に掲載されていま
したが、心配していたファンも多いと思います。病気でなければもっと
大きな活躍ができる実力のあったタレントだけに、気の毒に見えました
が、今年は早速良い知らせだったので安心しました。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。